« 中島みゆき 縁会2012〜3 劇場版 | トップページ | 死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々 »

2015年2月11日 (水)

川上弘美「水声」に読売文学賞

「姉と弟」恋人のような愛

つかみどころがなくて、ふわふわして、すううっと尾を引くようにしばらく余韻が残るんだけど、でも、しばらくたつと、いったいわたしはなにをよんでいたのだろうか、とそう反省するきもちもやがて自然に消えてしまう、そんな、要するにわたし好みの川上弘美さんの小説でした。

Photo_20


« 中島みゆき 縁会2012〜3 劇場版 | トップページ | 死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中島みゆき 縁会2012〜3 劇場版 | トップページ | 死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々 »

2015年3月

1
Photo_4
2
Photo_2
3
4
5
Photo
6
Tokyosuica
7
Photo_3
8
3
9
10
Photo
11
82
12
Photo
13
14
Photo
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       

twitter