« 21世紀の資本 第16章 公的債務の問題 | トップページ | ゴリオ爺さん »

2015年1月24日 (土)

21世紀の資本 おわりに

【ピケティ本 おわりに】 どんな公共政策や制度が私たちを理想社会に近づけてくれるのか?

これでほんとに最後。「おわりに」で本書の要約と経済学についてのピケティの私見が述べられる。

まずは勝手に箇条書きで要約の要約を試みる。

(1)不等式「r >g」は、過去に蓄積された富が産出や賃金より急成長するということだ。事業者はどうしても不労所得生活者になってしまいがちで、労働以外の何も持たない人々に対してますます支配的な存在となる。いったん生まれた資本は、産出が増えるよりも急速に再生産する。過去が未来を食い尽くす。

(2)これが長期的な富の分配動学にもたらす結果は、潜在的にはかなり恐ろしいものだ。そして、この富の分配の格差拡大は世界的な規模で起こっている。

(3)正しい解決策は資本に対する年次累進税だ。これにより、果てしない不平等スパイラルを避けつつ、一時蓄積の新しい機会を作る競争とインセンティブは保持される。

(4)むずかしいのはこの解決策、つまり累進資本税が、高度な国際協力と地域的な政治統合を必要とすることだ。これは、すでに社会的な同意への基盤が存在する国民国家を超えた問題だ。21世紀のグローバル化した世襲資本主義に対する有効な規制につながるのは、地域的な政治統合だけなのだ。

以上。

でも、こうして要約の要約を書き写しても、あまり意味はないような気がする。この『21世紀の資本』を読む前に、『トマ・ピケティ『21世紀の資本論』を30分で理解する!』(週刊東洋経済eビジネス新書)と池田信夫『日本人のためのピケティ入門: 60分でわかる『21世紀の資本』のポイント』(東洋経済新報社)の2冊を参照したけれど、結局あんまりピンとこなかった。「要約本」とか「解説本」が役に立つのは、むしろ原著をなんとか読み通したあとなのではないかとさえ思う。

それはさておき、ピケティは、この「おわりに」の最後で経済学と社会科学についての私見を述べている。

《私は「経済科学」という表現が嫌いだ。この表現はとんでもなく傲慢に聞こえる。経済学が他の社会科学に比べてもっと高い科学的な地位を実現したかのような含みがあるからだ。私は「政治経済学」という言い方のほうがずっと気に入っている。これはいささか古風に聞こえるかもしれないが、でも私にとっては経済学を他の政治科学から区別する、唯一の点を伝えるものなのだ。その点とは、それが持つ政治的で、規範的で、道徳的な目的だ。》

《誕生のときからずっと、政治経済学は科学的に、あるいは少なくとも合理的に、系統的に、一貫性を持って、経済的、社会的なまとまりにおける国家の理想的な役割を研究しようというものだった。そこで問われた問題とは次のようなものだった。どんな公共政策や制度が私たちを理想社会に近づけてくれるのか?》

「経済」「経済学」という近代日本の翻訳語は、中国の古典に起源を持つ「経世済民」もしくは「経国済民」にヒントを得て生まれている。近代日本においても「経済学」はそもそも初めから「どんな公共政策や制度が私たちを理想社会に近づけてくれるのか」というピケティの問題意識をも含んだ「政治経済学」であったといえなくもない。

早稲田に日本で初めて政治経済学部を発足させた大隈重信の先見の明を讃えたいところだが、幕末維新期にpolitical economyを「経済」あるいは「経済学」と翻訳したのは慶應義塾を創立した頃の福沢諭吉であったという説もある。

かと思えば、1862年に出版された『英和対訳袖珍辞書』でpolitical economyの訳語として「経済学」があてられたというのがもっと早いらしい。西周によるとこの項を執筆したのは津田真道だというが、福沢も西も津田もみんな明六社のメンバーだから、まぁ、彼らの周辺で『経済学」という訳語が生まれたことはたしかなのだろう。(もっとも、political economyあるいはEconomicsの翻訳語として「経済学」が定着するまでには紆余曲折があり、「理財」という語も有力であった。)

それにしても、「理想社会」なんて言葉を経済学者から聞いたのはどれくらい久しぶりだろう。

※写真の人物は津田真道です。


Photo_9


« 21世紀の資本 第16章 公的債務の問題 | トップページ | ゴリオ爺さん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 21世紀の資本 第16章 公的債務の問題 | トップページ | ゴリオ爺さん »

2015年3月

1
Photo_4
2
Photo_2
3
4
5
Photo
6
Tokyosuica
7
Photo_3
8
3
9
10
Photo
11
82
12
Photo
13
14
Photo
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       

twitter