« サリンジャー逝く | トップページ | 恵方巻 »

2010年1月31日 (日)

キャッチャー・イン・ザ・ライを再読

Catcher_2


 昨日のサリンジャーの訃報を知ってから、いろいろやらなきゃいけないことがたくさんある季節だっていうのに、村上春樹の訳本をそのまま読み返してしまった。

 いちばんの驚きは他でもない。「なんて爽快な青春文学!」と心底思ってしまえる自分が今ここにこうして生きていること、なのかな。

 ホールデンはほんとに知的で鋭敏な少年だった。彼にはかけがえのない理解者がいたし、けっして孤立もしていなかった。かつて僕をひどく憂鬱にしたエンディングも、今回ははるかにずっと開かれているように感じた。

 それでも、いや、それだからこそ、なのかな、もともと涙腺のゆるい僕が感極まって読み続けられなくなるところが3カ所もありました。どこのページかは秘密だよ。

« サリンジャー逝く | トップページ | 恵方巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サリンジャー逝く | トップページ | 恵方巻 »

2015年3月

1
Photo_4
2
Photo_2
3
4
5
Photo
6
Tokyosuica
7
Photo_3
8
3
9
10
Photo
11
82
12
Photo
13
14
Photo
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       

twitter