« ケータイ小説 | トップページ | 雪の日曜日 »

2008年2月 2日 (土)

ポーリュシカ・ポーレ

 時々、むしょうに歌いたくなるのがロシア歌曲の「ポーリュシカ・ポーレ」です。

 1971年か72年だと思います。NHKの「ステージ101」で初めてこの歌を聴いた時、私はまだ小学生でした。「怪獣のバラード」や「人生、ああ人生」(タイトルは違っていると思う)などの名曲が記憶に残る「ステージ101」ですが、「ポーリュシカ・ポーレ」ぐらい泣きたくなるほど魂を震わせる曲はありませんでした。どこがそんなに子どもごころの琴線に触れたのでしょうね。

♪緑萌ゆる草原を越えて....

 そんなに好きだった歌なのに、私はこの先の歌詞をすっかり忘れてしまっていました。

 この歌は、ソビエト赤軍の軍歌として歌われていたことはだいぶ後になってから知りました。でも、その歌詞は勇ましい革命歌であって、やりみず少年のこころの奥に流れている「ポーリュシカ・ポーレ」とはかなり違うんですね。

 さらにずっと後の1998年にオリガさんがTBS系のドラマ主題歌として「ポーリュシカ・ポーレ」を歌ってヒットしましたがここで彼女のすばらしい歌も聴けます。歌詞もよめます。→残念ながら現在はリンク切れですね。かわりにyoutubeのここではどうでしょう)、その歌詞はオリガさんの作詞によるものでした。なつかしいけれど、でも、まだちょっと違うんです。

 「ステージ101」の「ポーリュシカ・ポーレ」はどんな歌詞だったのか? さきほど、ネットの中を探索してついにみつけました。橋本淳さんという方の訳詞(作詞?)です。全部紹介したいけれど、諸般の事情で1番だけ...。

♪緑萌える草原を越えて/僕はゆきたいあなたの/花咲く窓辺へと/雲流れるロシアの大地に/二人の愛は芽生えて/あすへと続くのさ♪

 うう〜ん。ずいぶん甘い歌でしたね。ちょっとずっこけてしまいました。

« ケータイ小説 | トップページ | 雪の日曜日 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^^

昔、父がよく歌っていた歌の名前が思い出せずに、うろ覚えで検索したら、ここが出てきました。ポーリュシカポーレって言うんですね。
プロフィールを見た感じでは同年代みたいですし、助かりました(^^

歌声喫茶で歌ってみたらどうですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ケータイ小説 | トップページ | 雪の日曜日 »

2015年3月

1
Photo_4
2
Photo_2
3
4
5
Photo
6
Tokyosuica
7
Photo_3
8
3
9
10
Photo
11
82
12
Photo
13
14
Photo
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       

twitter